2013年10月6日日曜日

続 Amazon EC2 の Micro インスタンスで使用可能な CPU リソースを調べる

2011年に投稿した「Amazon EC2 の Micro インスタンスで使用可能な CPU リソースを調べる」は現在内容が正しくないので測定し直しました。

測定方法は以前と同じく、単純なループするだけのプログラムを実行し cgroups の cpuacct.stat を読むだけです。

環境

  • Amazon Linux 2013.09
  • ap-northeast-1c
  • t1.micro

ループプログラム

void main(){ while(1){} }

今回は cpu.rt_period_us と cpu.rt_runtime_us で CPU リソースの制限は行わずに、Amazon Linux のデフォルトの状態で測定しました。



以前は何も手を加えていない状態だと、すぐに CPU リソースが枯渇してしまい非常に扱いにくいものでしたが、今現在は最初からキャップが設定されているようです。

マイクロインスタンスは、非常に低コストなインスタンスオプションで、小規模な CPU リソースを提供します。マイクロインスタンスは、追加サイクルが利用可能であるときは、CPU 処理能力を短期バーストとして増大させることができます。このタイプが適しているのは、周期的に追加コンピューティングサイクルを必要とする低スループットのアプリケーションやウェブサイトです。持続的な CPU 性能を必要とするアプリケーションには適していません。
(引用元: http://aws.amazon.com/jp/ec2/instance-types/ )
ただ、上記AWSの説明にある「CPU 処理能力を短期バースト」というのがなくなっているのではという気もしてきます。

もっと長い時間計測すると短期バーストできることがあるのかもしれません。



1 件のコメント:

  1. Assuming that each number on the wheel has the same likelihood of being chosen – that means the 온라인카지노 wheel is not biased – the maths means the on line casino will always win. The system could look good, and may fit in the short time period, but when one of the numbers comes up that you haven't wager on you will lose and the on line casino will move course of|in path of} its win expectation (2.7% or 5.26%). A system ought to really be a mix of a enjoying in} technique and a money management technique.

    返信削除